農園めぐり(vol.1)

事例紹介 新しいお客様をもとめて 個人農家としてのインターネットの活用

長畠農園個別の宅送直売の販路拡大へ
ミライ:長畠さんがインターネットでの販売をスタートさせたのはいつからですか?

ホームページの立ち上げは、8・9年前にスタートしました。まずは農園の紹介から。と思いましたが、いつかはインターネットでの販売をしたいとは思っていました。

将来的な事を考え、今までのみかん中心の生産から、付加価値を付けた無農薬レモンへ生産の中心をシフトしようと思った時、農協さんの路線とは、無農薬、あるいは付加価値価格で折り合いが付きませんでした。それが、農協さん依存の販売から、長畠農園個別の宅送直売へ、大きく舵を切る転機となりました。

従来のお得意様の基盤も多少はあったので、更に直売所での販売、知り合いの企業への販売、そしてインターネットでの販売にも力をいれる事にしました。本格的にネットでの販売をスタートしたのは、昨年(平成23年)秋からです。今はまだ生産量が確保できないのですが、今後、スーパーやマルシェへの卸も増やしていく予定です。
農事組合法人 レモンの郷
ミライ:生産量を増やすプランは既に進行中という事ですね?

はい。今、農園6件程で新規のハウス団地計画を進行中です。レモン専門で“レモンの郷”と名付け、地域(広島県・尾道市)をあげてサポートしていただける事になりました。

ミライ:これからが楽しみですね。お客様から1年中欲しいとか、加工品などのニーズもあるのではないですか?

お盆の時期に販売できる商品が本当は欲しいのですが、なかなか手が回らなくて。レモンの保存方法なども、並行して研究中です。

ミライ:お忙しいようですが、直接的な生産業務の他に、パソコンに向かう時間もかなりとられているのでは?

そうですね。もちろん宅配管理システムの運用、ホームページの運営・メールチェック・送付時に同封するチラシの印刷等々。少ない時間の積み重ねで繁忙期は2時間を越えます。最近はフェイスブックやツイッターも活用しています。やっぱりみかんは甘くないと売れないので、口コミはとても重要です。でもこの積み重ねが大切だと思っています。ホームページの運営は改善したい点がいろいろありますが少しずつやっていきたいと思っています。
「この人から買いたい」と信頼していただくために、日誌を使う
ミライ:では長畠さんはどんな工夫をされていますか?

昔初めて参加したホームページの研修で、講師の方がおっしゃっていた言葉がずっと心に残っています。「例えば日記などを掲載して、次にお客様が来た時にはできるだけ情報が変わっているようにして欲しい。“10回見に来てもらえて初めて、注文してもらえる”と思ってください。内容は日常生活の事でいい。日々の作業の事、自分の思い。また見たいページにして、次にこの人から買いたい。と思わせる。」難しい事ですが、やっぱり日誌などを見て、私達のものづくりを理解し、信用していただいたお客様が買ってくれるのだと思っています。

また、郵送のダイレクトメールは年に2回出していますが、比較的時間のとれる季節には『農園だより』というメールでもお客様に情報発信しています。
ネット販売は、買う人の立場で情報提供することが重要
ミライ:インターネットでの販売に不安要素があって二の足を踏んでいる農家さんも少なくありません。長畠さんから何か良いアドバイスはありますか?

私は、買う人(お客様)の方がずっと不安だと思っています。だから、写真・値段・お客様の声・メディアで取り上げられた記事 等々。少しずつ提供できる情報を充実させて、初めて売れるようになりました。お客様はわざわざ問合せをするのは面倒だろうし、当たり前の事ですよね。写真と値段を載せただけでは売れないと思っています。

お客様の立場になって情報を提供すれば、必ずお客様は解ってくれる。そう思っています。
お気に入り機能 「売上集計」
レモンは法人の売上にしているので、商品別に売上が管理できるのはとても便利です!
みかんとレモンの詰め合わせなども、セット商品として登録しておけば、セット商品内訳で売上詳細が確認できるので活用しています。
【V7の機能UPポイント】
Ver2010から、受付日・発送日での範囲指定はできていましたが、更に状況でのデータの絞り込みができるようになりました。売上のタイミングは農園さんによって様々。発送・請求・入金など確定した段階での金額を把握できます!ぜひご活用ください。(ミライソフト)

農園紹介
長畠農園 長畠由佳さん
しまなみ海道のまんなか瀬戸田町高根島の段々畑で、みかんやレモンなどのカンキツを生産。完全無農薬、有機肥料にこだわってレモン栽培をしている。
宅配管理システムプレミアムはVer2008から使用し、現在Ver7で使用4年目。
サイトアドレス http://lemon.miraisoft.com
インタビューに応えていただいた長畠さんはとても明るく前向きな方。おそらくこれまでの間、試行錯誤でご苦労もあったと思います。ですがお客様のクレームなどの反省も次のステップの力に変えていました。
農家さんは保守的な方が多いイメージでしたが、長畠さんは常にアンテナをはって、情報を判断し、自分のできる事を行動に変えている人。私達も学ぶべきところがたくさんありました。ありがとうございます!
農園紹介
農園めぐり(vol.2)を見る