一般的な使用例

『かんたん宅配管理プレミアム』の一般的な使用例をご紹介します。

作業の流れ
  当日にならないとその日にどれだけ出荷できるかがわからないため、事前に宅配便伝票を印刷、保管しておき、当日は出荷を見ながら、随時、保管してある宅配便伝票を持ち出し、発送作業を行っている
 
1.注文書登録および宅配便伝票印刷
  ①[リピーター選択]や[注文書登録(新規)]で注文データを入力
  
   
  ②注文書登録画面で登録後に随時、宅配便伝票を印刷
 
   ③印刷した宅配便伝票を発送日まで保管
   
 2.発送作業
   当日の出荷量を見ながら、宅配便伝票を持ち出し発送作業を行う
   
3.発送後の作業
  ①その日発送した宅配便伝票をもとに、注文書検索画面で配達予定日を変更
  ②[発送チェックリスト]などを印刷し、後の送料や問い合わせのための資料として保管しておく
 
※ 3についてはかなりの手間がかかりるため、システムでは発送日の管理をしていないお客様も多くいらっしゃいます。
   
4.発送日の目処をつけて、終了業務(入金処理、請求書発行)を行う
   
   

 シーズン開始前の作業
1.注文書、案内状の印刷
   [注文書一括印刷]や[はがき・ラベル印刷]を利用し、注文書や案内状をお客様に発送
 
2.電話やFAXによる注文受付
  事前に電話やFAXなどで「去年と同じ商品を」という形で注文を受けた場合、お客様登録で購入履歴を参照しながら、お客様へ商品を確認し、注文書登録を行う
 
   

 以上のように、『かんたん宅配管理プレミアム』は、シーズン開始前から終了まで、一通りシステムがサポートをしており、作業の軽減、業務の効率化に役立っています。