外税表記対応の移行手順

1.宅配管理者登録の税区分、端数処理の設定
【初期設定】ボタン→【初期設定】タブ→【宅配管理者登録】ボタン

・税表示方法を”外税”に
・端数処理は任意で設定

sz_tk

2.商品マスタの単価変更
【初期設定】ボタン→【基本情報】タブ→【商品登録】ボタン

これまでシステム内の請求書は内税表記を行っていたため、商品の単価を税抜きにする必要があります。
(請求書未使用で、税抜き金額を設定されていたお客様は修正の必要はありません。)

sz_syo
3.リピーター選択から送り状作成をしている場合

【初期設定】ボタン→【初期設定】タブ→【オプション登録】ボタン

リピーター選択を使用している場合、初期設定では前回の購入履歴の商品単価をセットする仕様になっています。
今シーズンは新たな商品単価で販売する場合には、オプション登録の5
”商品登録の単価を使用”を必ずチェックしてください。
指定しない場合、前回購入時の単価が自動セットされるためミスに繋がってしまいます。
ご注意ください。

sz_op
4.リピーター選択からの送り状の作成
3で、商品登録から単価を参照する設定に変更していれば、従来通り前回購入商品を参照したリー―ピーター選択が便利です。

sz_rp
このように、単価は前回購入金額ではなく、最新の商品登録データが参照されます。

sz_cy
5.請求書

請求書では、合計金額から消費税が算出されます。
請求書タイプも複数あるので、お客様の形態に合ったものをご利用ください。

sz_sei

請求書以外に、一部の代引き金額の表示される送り状でも外税対応を行っております。
その場合も上記の設定が必要です。
ご利用前に一読いただいて、設定方法が分からない場合には弊社へご相談ください。